医療訴訟は難しい

医療訴訟の場合には、一般的に訴訟する前に患者側の弁護士は話し合いを医療機関側と持ちます。
明らかに医療機関側のミスであるとはっきりしている事案の場合には、医療機関側がこの話し合いのレベルにおいて、自らのミスであるということを認めてほとんど示談にします。
つまり、医療機関側のミスが相当程度明らかになっている場合は、医療訴訟にはならないで、示談で訴訟する前に解決するということです。
そのため、医療訴訟になる案件の場合は、ミスかどうかが明らかになっていない、立証することが難しい案件になります。
医療訴訟の場合には、このことが患者側が勝訴する率が高くない要因のひとつです。

一般の事件の裁判の場合と、医療訴訟の裁判は違いが何かあるのでしょうか?医療訴訟の場合のミスは、普通の人が考えているものとは微妙に違っています。
例えば、治療が成功しなかった場合でも、標準的な治療レベルに治療が達していると、ミスが認められない場合も多くあります。
また、一般の事件より、医療行為は高い専門性があるので、ミスを立証することが一般の事件より難しい、というようなことも問題もあります。

さらに、医療機関側のミスは患者側が立証する必要がありますが、普通は医師を医師はかばうという場合もあり、ミスを証言してくれるような医師を見つけるのは、非常に困難なものです。
また、患者側が医療訴訟の場合に勝訴率が低くなるのは、医療が閉鎖性が高く、非常に専門的であるためということもあります。
本サイトでは、医療訴訟が難しい理由、勝訴することが難しい、についてご紹介します。



■管理人推奨サイト
B型肝炎の訴訟提起の準備を弁護士に依頼できるサイトです > B型肝炎 訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟は難しい All Rights Reserved.